【2022年版】宮崎の注目IT誘致企業

近年宮崎では、IT企業の進出が活発化しています。

オンラインで業務が完結できるIT企業にとって、温暖な気候と豊かな自然を持つ宮崎は、ワークライフバランスが整った業務環境を提供できる魅力的な環境といえます。また、多くのIT企業が進出したことで、企業間の人材交流や流動性が高い点も特徴の一つです。

2020年にも記事を書いてきましたが、新たに誘致企業として宮崎に進出されたこともあり、【2022年版】宮崎のIT企業の中でもとくに注目しておきたい4社をピックアップしてご紹介します。

宮崎ネット系ベンチャー地図2020

宮崎注目のIT誘致企業4選

1.株式会社コドモン

株式会社コドモンは、保育・教育施設向けのICTシステム「コドモン」を提供するIT企業です。

コドモンは、登降園の管理や保護者との連絡、帳表作成(指導計画・日誌)、勤怠管理などをすべてWeb端末で管理することが可能。保育・教育施設で働く先生方の業務効率を大幅に削減し、保育・教育の質を向上させることができます。

同分野では業界No.1の導入実績をほこり、近年上場も噂される優良企業です。

2019年11月にはカスタマーサポートセンターの拠点として宮崎オフィスを開設。2021年11月には人員増員に伴いオフィスを移転し、宮崎での採用活動に積極的に取り組んでいます。

2.電通オンデマンドグラフィック

電通オンデマンドグラフィックでは、「グラフィック制作」「印刷・製版」「デジタル制作」の3つのクリエイティブ領域を手がけています。

2021年1月にはデジタル制作と新聞・雑誌製版を手掛ける新たな制作拠点として、宮崎市中心街に「宮崎デジタルデザインラボ」を開設。電通オンデマンドグラフィックの東京本社が持つ技術やノウハウを宮崎から発信しています。

3.株式会社デジタリフト

株式会社デジタリフトは、デジタルマーケティング活動のコンサル事業を展開するIT企業です。

クライアントの「情報を届けたい」気持ちと、エンドユーザーの「情報が欲しい」気持ちをつなぎ合わせることを目的に、スペシャリストの視点から的確なアドバイスを提供。2021年9月には東証マザーズに上場しました。

2021年8月に、地方の雇用拡大と地方移住の推進を目的に宮崎オフィスを移転。多様な働き方やライフスタイルの実現を目指すことで、SDGsへのさらなる貢献を目指しています。

4.株式会社ソーシャルベース

宮崎発のソーシャルメディアマーケティング企業・株式会社ソーシャルベースも近年注目を集めるIT企業です。

ソーシャルベースは株式会社サイバー・バズのグループ会社として、Instagram・Twitter・Facebook・LINEといったソーシャルメディアのマーケティング支援事業を展開しています。

SNSアカウントの運用をはじめ、クリエイティブ制作、インフルエンサーPRなどソーシャルメディアの領域において宮崎で存在感を高めています。

Miyazaki IT Plus(宮崎市ICT企業連絡協議会)

最後にMiyazaki IT Plusについてご紹介します。

Miyazaki IT Plusとは「宮崎市ICT企業連絡協議会」のことで、宮崎のICT企業の人材育成、人材確保、広報、交流などの活動を行う業界団体です。

ICT企業にとって大きな課題となるのが、人材の確保や育成です。同協議会ではこの課題を解決するために、合同での就職説明会や教育セミナーを開催して、宮崎のICT業界の活性化を目指しています。

注目が高まる宮崎のICT業界の情報をキャッチアップするためにも、ぜひチェックしておきたい団体の一つです。

まとめ

今回は、宮崎で注目のIT誘致企業を4社ご紹介しました。

コロナ禍により企業活動のあり方が大きく変化した中、都市部に拠点を置くだけでなく、地方にサテライトオフィスを開設する動きが増えています。とくに従来からリモートワークとの相性が良いIT企業は、ライフワークバランスの充実や新たな雇用獲得を目指して積極的な動きを見せています。

宮崎でも既存のオフィスを移転・拡大する企業が続々と登場しており、今後「地方で暮らしながら東京ベースの仕事をする」というライフスタイルが、より増えていくことが予想されるでしょう。