人気記事

宮崎ネット系ベンチャー地図2020

昨今、少子化問題や地方の衰退危機などが話題になっています。数字上は確かに危機だし、「日本を脱出した方がいい」という意見も正しいと感じます。

とはいえ、それが無理だったり、したくない人が大多数なのが現実だとも思います。

まぁ、、将来がどうなるかは誰にもわかりませんし、悲観的になるより、身近なよい変化に気づく方が幸せなんだろうとも思います。ということで、以下の記事で、宮崎はこれからが面白いとご紹介しました。

地方のベンチャー企業は、これからが面白い。宮崎の場合。

2020年最初のエントリーとして、宮崎ネット系ベンチャー地図を記してみます。今回、ご紹介する企業は「個人的に注目している企業」ということで、これだけでなく、非常に多くのネット系企業が宮崎にはあります。

IT未経験でも、コールセンターや運用系の仕事からスタートし、転職などを通してキャリアアップを目指せる環境が宮崎には整いつつあります。皆さんが注目するきっかけになれば嬉しいです。

UUUM

日本を代表するYouTuberのプロダクション。宮崎に拠点進出の発表をした際には、小学生も話題にしたほど注目されている企業。ちなみに、UUUMの地方拠点は現時点で宮崎のみ!?

Campfire

FAAVOの運営拠点として宮崎オフィスを開設。その後、Campfireにグールプジョインして、現在はCampfireのサポート拠点として活動中。元執行役員の斎藤さんは宮崎出身で、またあらたに宮崎で起業をさたとのこと!

GMO

GMO NIKKO からスタートし、現在は、GMOインターネット本体、GMO TECH株式会社も拠点を開設。障がいのある方と一緒にインターネット産業を支えることを目的に設立された、GMOドリームウェーブ株式会社も開設されるなど、現時点で宮崎の誘致企業で最も勢力的に活動されている企業。キーマンの橋口さんは、拠点開設のはるか以前からサーフィンで宮崎を訪れていた、宮崎愛に溢れる人物。

Egardian

24時間365日、皆さんがインターネットサービスを安心して利用できる様に守るサービスを提供する企業。

KRAF

代表の藤崎さんは、宮崎出身で2年前に株式会社クラフを創業。この2年で60名以上の仲間を集め、事業を急成長させている。

個人的には、これから宮崎を引っ張っていく企業になると予想中。宮崎発サイバーセキュリティ企業・株式会社クラフ。創業2年で社員数60名に急拡大した、そのノウハウを公開。

MANGO

現在では、宮崎ではネット広告のオペレーションをする会社が数多くありますが、その一番目を切った企業が、セプテーニのグループ会社であるMANGO株式会社。初代社長の相川さんはサーファー。

D2C

電通とドコモの合弁会社であるD2C。D2Cの篠崎さんは、ボーダレスというサーフイベントを開催しており、宮崎愛にあふれる人物。

宮崎オフィス開設に篠崎さんの影響があったかは不明。

CyberBuzz

ネット広告代理店最大手サイバーエージェントの子会社。GMO,セプテーニで、ネット広告代理店はコンプリート!?

ZOZO

純宮崎発ベンチャーとしてスタートしたアラタナ。2015年には株式会社ZOZOのグループに参画、2020年4月で株式会社ZOZOに吸収合併予定。宮崎に1000人の雇用をつくる目標を引き続き目指す!

ORO

一事業部として宮崎に拠点を出す誘致企業が多い中、子会社としてオロ宮崎を開設されています。

CASTER

東京発の会社ですが、なんと西都市に本社を移転!宮崎市内には、事務所を構えている。リモートワークを当たり前にする労働革命で、人をもっと自由に、というビジョンで、現在、国内でも注目されるキラキラベンチャー。

リブセンス

代表の村上太一氏は、東証マザーズ上場時の年齢は25歳1か月で、史上最年少での株式公開をはたした。

ビットキー

ブロックチェーン、スマートロックなど、現在のトレンドど真ん中を事業としている会社。シリーズAラウンド1stで22億円の資金調達と話題が多い、キラキラベンチャー。

みんなのマーケット

ハウスクリーニングや不用品回収など生活関連の出張・訪問サービスに特化した「くらしのマーケット」を運営している企業。

DELL

宮崎のネット系誘致企業の元祖。15年前、この会社から、宮崎ネット系ベンチャーの誘致活性がはじまったといって過言ではない。

ネオキャリア

採用関連のBPOを提供している会社。事業内容はHR領域の全張りを行っており、急成長している。

パーソルワークスデザイン

ハウコムで宮崎に拠点開設後、テンプスタッフにグループジョイン。その後、パーソルワークスデザインに社名変更。佐世保にも拠点を開設するなど、堅調に拡大中。